カードローンの審査

インターネットのサイトをブラウズしていると、目に飛び込んでくるのがカードローンの宣伝広告やバナーです。最短融資、あるいは即日融資なかには30分融資という言葉まであります。一般的に考えて景気がよくなるとお金の動きも活発になります。お金が先か景気が先かという議論はよく起きるのですが、景気がよくなる、あるいはよくなることを予測して企業は設備投資などにお金を使うようになります。そこから相乗効果を発揮してお金がどんどん巡るようになるのです。そうなると一般の人も給料が上がるなどの効果でお金を使いたいときには手持ちの資金以上にお金を使うこともあるでしょう。

カードローンは借金ですからお金に困っている人が使うものだという先入観がありますが、必ずしもそうではなく、お金を積極的に使いたいという人がカードローンを使うパターンが増えています。カードローンはこの1、2年で融資限度額が高額化しています。つい3,4年前までは300万円が最高額だったのが、500万円になり、800万円というところがでてきて、今では1千万円の融資限度額を設定するカードローン会社もあります。カードローンも借金ですから、申し込む際には審査を受けなくてはいけません。用途は使途自由ですが、アンケート形式などで使用目的を記入する欄があります。たいていは当たり障りのない使用目的でいいと思います。カードローンは目的型ローンではなく従来のフリーローンに近い使い道となるからです。